2020年活動・収支報告
2020年4月~6月報告

2020年4月~6月までの四半期収支報告です。
その間に保護していた子は
カイ、まり、ディブ、バディ、モモナ、ユーリ、キャリー、アーヤ、サーヤ、フェリシア、ナイラ、アンバー、ルパン、レンゲ、ナオミ、ビワ、シャリフ、アミーラの18匹でした。
(センターより引き出し後まもなく飼い主様に返還になった子もいます)

秋から年末にかけて保護、ケアしているシニアたちにもご縁がありましたが、3末、5月、6月と毎月のように繁殖リタイア犬を多く引きうけました。
その子たちの避妊去勢が重なり、また、専門医の詳細検査やMRI、腫瘍切除などなどもあり、医療費、ケア用品など通常の四半期に比べかかってしまいましたが、お陰様で多くの保護っ子を里親様におつなぎすることが出来ました。
また、協力団体さんのもとにいて、キャバレスに来るはずだったタフ君の手術代も頂いているご支援の中から医療支援として出させていただくことも出来ました。
里親様のかかりつけ医様からも、団体さんでしっかり検査してくれていますね、引継ぎがスムーズです、とのお言葉もいただけました。 

今期は新型コロナの緊急事態宣言により、ご募金箱を置かせていただいてる大きなイベントの中止があり、また、ご協力いただいているサロン様お教室様のご支援もない中でしたが、殆どを今までに頂戴したご支援で、医療費、体に合ったフード、ケアに必要な物資、通院にかかる交通費やレスキューの搬送費などを賄うことができました。
本当に本当に、ありがとうございます。

5月までに少しでも医療費、活動費の足しになるようにと用意したチャリティー商品も思うように販売できなかったため、FBを通じて、また協力店舗様に置かせていただく形をとって、少しづつですが販売開始しました。
(5月用に仕入れはしたものの、まだ売り上げがないため、仕入れ金額だけが大幅にアップしましたが、こちらは、7月以降のフリマ、FBを通じての販売でバランスを取りたいと思っています)

7/19にもフリーマーケットを屋外で開催予定です。
https://ameblo.jp/nnnicola/entry-12608504061.html
お時間ある方、是非、お立ち寄りください。

繰り返しになりますが、これまで、十分過ぎるほどご支援を頂戴しておりますので、一昨年7月よりご支援のお願いは休止しており、アマゾンのほしいモノリスト等物資の御支援のお願いも同様に休止させていただいております。
ただ、長くキャバレスを応援してくださってる方からのお問い合わせやお申し出も多い事から、天国にお引越しした子のものを今の保護っこに是非、とおっしゃっていただける方からは謹んでお受けしております。
(未開封のフードやウェットフード、おむつやペットシーツ、お薬、洗濯済みのお洋服等)

また、新しい生活様式のもとで、安心してご支援者様に保護っ子に触れ合って頂ける場を作れるようにと考えています。
その日まで、保護っ子たちをしっかりケアし、情報発信してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

⁂雑費には協力団体様、協力病院様、搬送協力者様、預かり様の交通費医療費清算の振込手数料、啓発資料作成費用、譲渡手続き事務用品、イベント用必要品購入費等をふくみます。


ご支援いただいた皆様;(物資のご支援は、各月のご支援報告記事にてすでにご報告済み)
キャバレスファミリーになってくださった里親様 (里親精算金として)
協力者さま出店のイベント会場、設置協力店の募金箱に入れてくださった皆様

キャバレス商品設置店(パセオ様、ワンビーノ様、プリムローズヒル様)
また通販にてチャリティー商品をお買い上げの皆様
当会を通してゼオライト商品をお買い上げの皆様、花りん様、ファプドッグマツモト様、カリアド様、ファミリー様、ヨネザキ縫製所様、イワモト様、ヤハギ様、クボ様、シモダ様、カワシマ様、ハタノ様、テラオ様、トミマツ様、ミヤモト様、ヤマザキ様、タニ様 クラモト様、ヤマザキ様、クスノキ様、ワキゾノ様、マツモト様、ウシオ様、シノダ様、ササクラ様、オオシマ様。

ご支援、ご協力、本当にありがとうございました。
 

2020年1月~3月報告

2020年1月~3月までの四半期収支報告です。
その間に保護していた子は
キャス、カイ、ネネ、ココ、まり、プリシラ、ディブ、ソム、バディ、セシル、モモナ、パッチ、ユーリ、キャリー、アーヤ、サーヤ、フェリシア、ナイラ、アンバー、ルパンの20匹でした。
 
秋から年末にかけて保護、ケアしているシニアたちに加え、個人の飼育放棄の相談、年度末にかけての繁殖リタイア犬の保護など引き取り案件が後を絶たない状態でありましたが、協力団体様、緊急で入院受け入れしてくださる動物病院様、搬送様、ショート預かり様のご協力も得ながらなんとか保護、また里親様におつなぎすることが出来ました。
 
ハイシニア、保護時より状態の悪かった子も多かったため、エコーやX線検査はもちろんのこと、入院、緊急手術、CTやMRI、活性リンパ球療法などの高度医療、循環器、眼科の専門医にかかることもあり、薬代も含めて去年の同時期に比べて約3倍の医療費となってしまいました。
が、どんな状態の子でも諦めず本当のご家族様に出会えるように、その時に、より良い状態で里親様に安心していただき、また掛かりつけ医様にしっかり引継ぎできるように、1匹1匹きちんと医療を受けさせたいというのが私たちの想いです。
今までに頂戴したご支援と、現在もこの考え方で進めている私共を応援してくださる沢山の方のおかげで、医療費、体に合ったフード、ケアに必要な物資、通院にかかる交通費やレスキューの搬送費などすべて賄うことが出来ています。
本当に本当に、ありがとうございます。
(私共は、これまで、十分過ぎるほどご支援を頂戴しておりますので、一昨年7月よりご支援のお願いは休止しております。
アマゾンのほしいモノリスト等物資の御支援のお願いも同様に休止させていただいておりますが、長くキャバレスを応援してくださってる方からのお問い合わせやお申し出も多い事から、天国にお引越しした子のものを今の保護っこに是非、とおっしゃっていただける方からは謹んでお受けしております。
(未開封のフードやウェットフード、おむつやペットシーツ、お薬、洗濯済みのお洋服等))


今期は新型コロナウィルスの影響で譲渡会&フリーマーケットは中止となってしまい、多くのご支援者様に保護っこの生の姿を見て頂くことは叶わず、とても残念でした。
コロナ終息後は、譲渡会参加犬たちの顔をみて、保護時に比べてこんなに変わったね!いい顔してるね!里親様に会えたらもっともっと良くなるね!と皆様に思っていただけるように、今まで同様、しっかり心も体もケアを続けたいと思います。

⁂雑費には協力団体様、協力病院様、搬送協力者様、預かり様の交通費医療費清算の振込手数料、啓発資料作成費用、里親会用必要品購入費等をふくみます。

ご支援いただいた皆様:(物資のご支援は、各月のご支援報告記事にてすでにご報告済み)
キャバレスファミリーになってくださった里親様(里親精算金として)
協力者さま出店のイベント会場、設置協力店の募金箱に入れてくださった皆様
キャバレス商品設置店(パセオ様、ワンビーノ様、プリムローズヒル様)にてチャリティー商品をお買い上げの皆様
当会を通してゼオライト商品をお買い上げの皆様、花りん様、キャバリアキッチンの生徒の皆様、
ハタノ様、クラモト様、フルカワ様、トミマツ様 キムラ様 ONEHANDニワヤマ様、ミヤモト様、ヤマザキ様、タニ様 ニシウラ様、クラモト様。

ご支援、ご協力、本当にありがとうございました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagramの社会のアイコン
  • キャバリア☆ニコラ様 ご奉仕日記

©2019 by Cavalier Rescue Team. Tokyo Proudly created with Wix.com